自己処理脱毛の方法

脱毛は、女性にとっての永遠の課題であり、面倒で憂鬱なものです。腕や脚はいつでも人目にさらされますので気が抜けません。ワキも夏は特に気が抜けません。1番手早い方法はカミソリですが、肌表面も一緒に剃ってしまうので肌ダメージが大きいです。メリットは、気付いた時に即処理可能なことです。前ケアとアフターケアとしてローションやクリームを塗っておきましょう。次に手軽でリーズナブルなのは除毛クリームやムースです。処理する場所が風呂場に限られますので、いつ処理するのかを計画しておかないと忘れてしまいます。肌ダメージはわりと少ないです。同じくらいリーズナブルで、少々刺激的なのが脱毛ワックスやテープです。ベッタリと貼り付けて、一気にはがしますときれいに根元から抜けています。

気持ち良いほど処理できますが、こちらも肌の表面が一緒にはがれますのでダメージが大きいです。美容機器を使って自宅で処理する方法としては、電気シェーバーや脱毛マシンがあります。シェーバーは男性の髭剃りと同じ方法で、ワキの処理が手軽に出来ますが、やはり多少の肌表面が剃られます。機器代金はリーズナブルです。シェーバーでない脱毛マシンは、はさんで引き抜くタイプが普及しています。こちらはやや痛いですが、根元から引き抜くのできれいな仕上がりで肌ダメージも少なく、機器代金は約2万円程度が多いです。

自宅用の機器で少し高価なものが、光を照射して脱毛するタイプのもので、エステで行っていた方法の自宅版が安くなって家庭用になっています。うっとりする仕上がりで、生え始めもチクチクしません。大変優れものですが人によっては肌への刺激が強すぎることもあります。特価をねらって5万円程で手に入ります。

 

[注目]
エステではなくクリニックだとしっかりとした医療脱毛を受けることが出来ます ⇒ 医療脱毛

サロンでの脱毛

脱毛は、サロンで施術してもらうと肌ダメージも少なくきれいに仕上がります。ただ、費用が次々と掛かるのが問題で、その日に全部処理しても発育途中だった次のムダ毛がわりとすぐに生えてきてしまいます。それをまたサロンで処理するといった・・・

脱毛の注意点

いろいろな脱毛方法について述べて来ましたが、自己処理でもサロン脱毛でも注意しなければならない点がいろいろとあります。ここではその内容について触れていきます。カウンセリングで自分に合ったプランを案内されますが、とても高額だったり、・・・

Copyright (c) 2014 脱毛の種類と方法 All Rights Reserved.